企業のいま

製造と物流の「自動化」がもたらすもの━━チャレンジングな課題の向こうに見える未来の風景とは

製造業のバリューチェーン全域におよぶ変革が求められるいま、新型コロナウイルスの影響もあり「自動化・省人化」の重要度がますます高まっている。日本において自動化で鍵となるのは「デジタルスレッド」、つまり製品の全ライフサイクルを通じて関連づけられたデジタルデータを持つことだ。

IoTや人工知能など多様なデジタル技術を活用し、製造業のバリューチェーン全域におよぶ変革を支援するアクセンチュアの「インダストリーX(Industry X)」。そこには事業会社で製品開発や生産に携わっていた人材や、ITサービス企業で製造業向けのシステムを手がけてきた人材など、多様なバックグラウンドを持つ社員が社内でも例がないほど集り、組織としての規模も拡大を続けている。日本でこの組織を統括する河野真一郎、インダストリーXと共に物流の高度化を推し進める北川寛樹(製造・物流本部)に、日本企業が直面する「自動化・省人化」の難しさとその可能性について聞いた。

製造業の自動化・省人化の支援が求められている

──「インダストリーX」が組織として拡大しているのはなぜですか?

河野真一郎(以下、河野):我々はお客様の困りごとに応じて組織の形を変え、能力を磨いていっています。インダストリーXが成長しているのは、DXがデジタルマーケティングや顧客体験の向上だけでなく、徐々に製造業のサプライチェーンやエンジニアリングチェーンの領域に入ってきたことが大きな要因です。

設計、開発、製造、物流、アフターセールスといった領域に関して、日本の企業はデジタル化の力がかなり弱いのです。というのも、欧米の企業は「フロントローディング」が徹底しており、モノづくりの初期段階である製品設計に最優秀のエンジニアを配置し、そこに時間をかけることで後工程での変更が極力発生しないよう、完成度の高い製品をつくろうとします。一方、日本の企業は、ものづくり全体の工程でそれを達成しようとします。設計から製造にかけて全体の人材の質が平均的に高く、設計での多少の問題も後工程ですり合わせをすることによってきちんとした製品ができるのです。

河野 真一郎
アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京共同統括、ビジネス コンサルティング本部 インダストリーXグループ日本統括 マネジング・ディレクター。日系広告代理店勤務を経て、1993年アクセンチュアに入社。自動車業界を中心に、製造業向けのコンサルティングに長年従事。アジア・パシフィック地域インダストリアルグループ(自動車・産業機械・物流)統括などを経て、2017年より製造業のデジタル変革を推進・支援するインダストリーXグループの日本統括を務める。

わかりやすい例を挙げますと、欧米の車のCMの多くはCGで撮影されています。というのも、エンジニアリングのデータが、そのままCMに使えるくらいに本物と一致しているんです。しかし日本では、設計変更したデータが一元的に管理されていないケースもあり、エンジニアリング段階のデータをCMに使うには、一定期間データの精査を必要とすることがほとんどです。

北川寛樹(以下、北川):日本の場合、設計部門、製造部門に関わらず平均的に能力の高いメンバーがそろっていて、データ化されていないことでも現場で判断して動けるんです。日本製品の品質の良さはここに起因してきたわけですが、これからはそうは行きません。ビジネスのスピードがどんどん上がってきていますから、人が判断するのでは追いつかない。そして、人の判断というのは一番のブラックボックスなので、「なぜそうしたのか?」がデータ化されていないことがほとんどです。

デジタルの場合、最初の設計が間違っていれば最後まで間違ったままですから、単に自動化すればよいというものではないんですよね。人間が判断してきたことをデータにきちんと乗せて、そのデータと連動した自動化を実現していくことが重要です。

北川寛樹
製造・流通本部 マネジング・ディレクター。20年超のコンサルティング経験を通して、グローバル企業のトランスフォーメーションを多数経験。外資系コンサルティングファームを経て2018年にアクセンチュアに入社。 物流インダストリープラットフォームとして、商社、物流企業、消費財等と企業連携しながら業界再編に向けてプロジェクト構築、実施。

河野:自動化で鍵になるのが「デジタルスレッド」、つまり製品の全ライフサイクルを通じて関連づけられたデジタルデータを持つことです。例えば、製品の企画の際には「こういう要素、機能をもったものをつくろう」と考えるはずです。それを実現する具体的な設計や必要な部品をすべてリストアップした「E-BOM(Engineering-Bill Of Materials)」があり、それが生産、購買、あるいはサービスの工程でも利用できるようにすべてつながっているのが望ましい姿です。これがなかなか難しく、我々が支援を行う余地があるわけです。

もうひとつ、人手不足の問題もあります。単に日本の人口が減ってきているというだけでなく、工場の仕事は危険が伴う、冬は寒いなど、仕事の特性上、採用に極めて苦労されているんですね。人が採れなければそれを埋めるための方法が必要ですから、やはり自動化が求められているんです。

── 新型コロナウイルスの影響で、人が集まって一緒に何かをするということが難しくなっています。製造や物流への影響も大きいのではないでしょうか。

河野:コロナ禍でも、工場はほとんど止まっていないんです。でもそれは、皆さんがいつも以上に働いているからなんですよね。コロナで海外の工場が止まったために海外でつくっていたものも全部日本に持ってきて、1日8時間稼働していた工場を3交代で24時間稼働にして対応しているような企業もありました。一時的、局所的な対処としてはこれでもいけました。でも、今後コロナが収束したとしても、また別の感染症がかなり早い周期でやってくると思います。

2000年以降、SARS、MERS、エボラ出血熱があって、コロナがやってきたことをみても明らかですよね。そうなると、サプライチェーンが分断されるようなことが起きた時にそれをどう再構築するのか。BCP(事業継続計画)上の課題として取り上げ、準備しておかなければいけません。

北川:製造業や物流業の人たちは「現場の仕事だから仕方ない」と一生懸命やっています。しかし、先進的な企業は現場の仕事もできるだけ自動化して、遠隔でそれを見られるようにすることで、「人と人との接触を減らしても止まらない」という方向に動きはじめています。

今後、それを達成した会社には優秀な人達が集まってくるでしょうし、逆に「何があっても現場に行かなければいけない」という会社は敬遠されるでしょう。もちろん、モノをつくる、運ぶということにおいて、どうしても人が行かなければいけない部分もあります。100%はなくならないけれど、その数をできるだけ減らしていこうと努力している企業には人が集まり、ブランド力も上がっていくだろうと思います。

需要の高まりに「即対応できる」のが自動化のメリット

──人がいなくても生産活動が止まらないということ以外に、自動化のメリットはありますか?

河野:一番大きいのは、需要に対してフレキシブルに供給量を増やせることですよね。これまでは1日8時間動かしていたものを、ほとんど人を働かせずに24時間動かせるようになるわけですから。ただし、どこかでボトルネックが発生すれば止まってしまうので、業界全体で自動化を進め、すべての流れがデータでつながっている必要があります。それができれば「いま、需要が高まった」という状況に対してリニアに供給を増やしていくことができます。

また、本当に自動化が進めば、新しい工場をつくって稼働させるというようなこともかなり省力化できるようになるはずです。いまはまだ、日本の工場にロボットを導入して自動化を実現しても、他の国で同じことをするにはものすごく時間がかかるんです。現場に行き、現地の条件に合わせてロボットに動きを教える「オンラインティーチング」が必要で、場合によってはそれに1年くらいかかったりします。

北川:パーソナルコンピュータに例えるとわかりやすいのですが、初期のパソコンはものすごく高価で、一部のマニアしか扱い方が分からないものでしたよね。その後AppleⅡが出てきても、プログラムが書けないとほとんど使えなかった。Windowsが出てきてGUIで操作できるようになると、途端に世間一般に普及しました。

いまの自動化というのは、まだマニアレベルの人にしかいじれない世界なんです。一部の専門家にしか、工場でロボットのティーチングをすることができません。これからロボットのソフトウェアが洗練されてもっと使いやすくなると、現場で働いていた人たちがロボットを設置できるようになります。そうなると格段に普及率が高まるでしょうし、現場の経験がある人たちがロボットをつくって、それをコントロールする側に回れば、いま以上にうまく自動化できるようになるでしょう。

自動化をより高度なものにするには現場の知見こそが必要。自身が手を動かすのではなく、コントロールする側に回ることで、格段に自動化の普及率が高まるだろう。

──工場で働いていた人は、いままでの仕事がなくなっていくのですか?

河野:なくなるというよりは、これまでの仕事がどんどん自動化されて、より面白い仕事ができるようになるということだと思います。

北川:ロボットで自動化するというのも、一度つくったら終わりではないんですよ。つくったものをチューニングしたり改善したりは人間がやらなければいけません。AIが入ったからといって、すべてをAIが判断できるわけではないんですね。「こういうパターンが行けるんじゃないか」ということがAIから出てきた時にどう判断するか、次にどちらの方向に行くかということを突き詰めて考えるのは人間の仕事で、そのためには現場の知識が必要です。

パートナーの力も借り、業界全体を巻き込んだ自動化を進める

──実際に手がけているプロジェクトはどのようなものですか?

河野:ある自動車部品メーカーさんでは、大半の工程を人の手でつくっている製品もあります。すごく大変な作業なんですが、それをロボットなどを使ってすべて自動化するということをやっています。将来的には、設計図面を入れると自動的にモノをつくれるという状態にまで持っていこうとしています。

そのプロジェクトには、もともと自動車メーカーの生産技術にいたメンバーもいますし、アクセンチュア以外のパートナーも何社か入ってもらっています。例えば工場自動化の機器を設置するには、専門の導入担当者が必要です。我々だけでできることはたかが知れていますから、皆さんと連携してやっていく必要があるんです。特に北川がやっている物流の世界は、一緒に組むパートナーもより多数になります。

自動化は1社だけで進められるものではない。複数社のパートナーと連携して、業界を巻き込んで推進していく必要がある。

北川:僕は物流関係の自動化の取り組みを「データ化」「集約化」「自動化」という三層で考えています。

データ化というのは例えば、感覚値でやっていたことをデータ化していくという話です。あるメーカーでは、いまだに担当者の経験値で「今年の冬は雪がたくさん降る」と予想して冬の商品の生産量を決めていると聞きます。勘に頼ったビジネスを脱却するためには、きちんとパラメーターを決めてデータを取り、判断を自動化していく必要があるわけです。

集約化ですが、日本には7万近くの物流会社が一生懸命に自分たちのトラックの中身を埋めようとしていて、各企業の都合もあり、全体最適ができていない状況です。そういう根本的な問題がある上に、例えば同じ病院やスーパーにモノを運ぶのに、複数の卸がそれぞれバラバラの物流会社を手配しているんですね。そこは連合してひとつの物流会社がまとめて運べば、よっぽど効率化できるはずです。プラットフォーム化して倉庫や物流を集約すれば投資余力ができ、「だったら自動化していきましょう」という話も進んでいきます。

データ化、集約化、自動化という三層がつながると、各プレイヤーの業務の効率化と全体最適が進み、さらに投資が進んで生産性が上がっていきます。

僕が関わっているプロジェクトでは、プラットフォームをつくるところを大手物流会社や商社が行い、様々な会社に声をかけて物流の需要を集め、物流会社に運んでもらいます。このとき、プラットフォームに参加する個々の会社も将来予測などの判断を自動化し、そこで出てきたデータをプラットフォームに投入していく形にする。そうすることで、それぞれの会社でもデジタル化や自動化が進み、プラットフォーマーはさらに大きな倉庫や物流のノード(=node、貨物の積み替えを行う場所や、保管を行う場所)をつくる。さらなる効率化が進み、投資余力が生まれて、より高度な自動化を実現していくわけです。

このような大きなプロジェクトは、アクセンチュアだけでは絶対にできません。プラットフォームをつくるには、ソフトウェア会社のほかに、デバイスをつくる会社も必要です。倉庫内の自動化に関しては、アクセンチュアが協業しているMUJINのようなベンチャー企業にノウハウを提供してもらい、それをアクセンチュアのパワーで日本全体に広げていこうとしています。

自動化の先にある未来

──自動化を実現したその先に、顧客や社会にもたらされるものはなんだと思いますか?

河野:人の関与が最小限でモノを製造できるようになると、重要になってくるのは「何をつくるか」という企画や、「お客様に対してどういう体験を提供できるか」ということになってきますよね。

例えばiPhoneなんかは、買った瞬間にできることはとても少なくて、自分でアプリを入れたりデータを貯めていくことでどんどん使い勝手がよくなる。まさにマスカスタマイゼーションです。顧客のニーズに合わせてどんどん変化するような製品を、これまでと同じコストで大量に生産する。それを実現に近づけるのが自動化です。そう考えるとめちゃくちゃ面白い世界になりますよ。

自動化や省人化というと、人の仕事がなくなると捉えられがちですが、そういう意味では個人的にはなくなった方がいいと思っています。そうすれば、また新しい仕事や産業が出てきます。根性や体力でやらなきゃいけないようなことではなくて、人間の創造力やイノベーションを生み出す力を、最大限発揮できるような状態になるのではないかと期待しています。

そういう世界に近づけていくために、アイデアとスキルを持っている人は、ぜひ我々のところに来てほしいですね。例えば事業会社の中にいると、新しい発想を試すには調整も必要で、とても時間がかかったりします。我々はお客様のトップの方々と話をしますので、かなりのスピードで動かしていくことができるんです。

顧客のニーズに合わせてどんどん変化するような製品を、これまでと同じコストで大量に生産する。それを実現に近づけるのが自動化なのだ。

北川:僕はもっと自己中心的な人間なので(笑)、物流の改革なんかも、自分の生活がよくなればいいと思ってやっているんです。

例えば、東京は住むのも食べるのもものすごく高いですよね。それでも東京にいるのは、田舎では受けられないサービスがあるからです。でも、色々なものが自動化して人が介在しなくてもサービスが届けられるようになると、東京と地方の格差はなくなるはずです。そうなれば、海があって山があってきれいな場所で幸せに暮らしていける。自分がもう少し歳をとったときにはそういう状態で田舎で暮らしたい、そういう気持ちで仕事をしています。僕は3年前にアクセンチュアに入りましたが、それ以前の会社と比べてもダントツに面白いですよ。多くの会社をサポートすることで、自分の生活が変わっていくわけですからね。