ひとこと英会話

「What?」「Pardon?」で本当に良いの?話を聞き返すときのフレーズ

相手の言ったことを聞き返したいときは、どんなフレーズを使うと良いだろう。よく見かけるシーンを取り上げる。

こんにちは、ルーク・タニクリフです。 日本人の方には、相手の言ったことが聞き取れなかったり、内容を理解できなかったりすると、恥ずかしいと感じる人もいるかもしれません。

しかし「よく聞き取れない」ということは、英語圏の人同士の会話でもよくあることです。そんな時、どんなフレーズを使うのでしょうか。

まず、「もう一度言ってください」という意味をそのまま英語で伝えたいときは、One more time. や More slowly.と表現できますが、この聞き方は命令系なので、相手に失礼な印象を与えてしまいます。Could youなど質問形の英語を使って丁寧な聞き方をしましょう。

repeatは、相手が言ったことをもう一度聞きたいときに「繰り返す」という意味で使います。このフレーズにpleaseを付けるとより丁寧な聞き方となります。

相手にもっとゆっくりと話をしてもらいたい場合は、more slowly「もっとゆっくり」というフレーズが役に立ちます。More slowly.やMore slowly please.などのフレーズを使う日本人が多いですが、以下の英語を使うとより丁寧な印象を与えます。よくthat を忘れる方がいるので気をつけてください。

もう一度言ってもらうよりも、書いてもらうほうが理解しやすくスムーズにコミュニケーションが取れるときは下記のフレーズを使ってみましょう。

Excuse me や Pardonを使った丁寧なフレーズ

英語で会話の内容を聞き返すとき、使う言葉次第では失礼な印象を与えてしまいかねないので、気をつける必要があります。例えばWhat? は丁寧な英語ではないので、ビジネスシーンでは使わない方が良いでしょう。聞き返すときは、Pardon? や Excuse me? を使った方が丁寧な印象を与えます。

また、ネイティブはExcuse me? や Pardon? の後に、以下のフレーズをよく付けます。

より丁寧な印象を与えるにはquiteを入れると良いでしょう。

What did you say? を使うネイティブもよくいますが、口調によっては相手に伝えたいニュアンスが異なってしまうため、気をつけて使った方が良いです。優しい口調で言うと「なんと言いましたか」というニュアンスになりますが、少し激しい口調で言うと「いったい何を言ってるの? 」と、怒っているように受け取られるかもしれません。

相手の声が聞こえなかったとき

英語を呟くように話すネイティブの人もいます。この場合は英語の言葉の意味がわからないというより、相手の声が聞こえなくて聞き返しているので、以下のフレーズを使いましょう。

また、周りの声や物音が騒がしい部屋で会話をするときも、相手の声を聞き取れないことがありますよね。そのような場合は以下のフレーズが良いでしょう。

いかがでしたか? 様々なシーンに合わせて使えるフレーズはたくさんあります。聞き返すことができれば会話が続きやすくなるので、ぜひ使ってみてください。