ひとこと英会話

英語で電話をかけてみよう!

前回の「英語で電話を受けるとき」に続き、今回は「英語で電話をかけるとき」のフレーズを紹介する。

ビジネスでは、電話よりメールをコミュニケーションツールとして利用している人も多いようですが、急いでいるときなど、電話で素早く連絡をとりたいこともありますね。

今回は、英語で電話をかけるときに使うフレーズを見てみましょう。

電話は対面で話すときよりも、聞き取りにくいと感じるかもしれません。慣れるまでは、電話をかける前にノートとペンを準備して、話しながら書き取るのもおすすめです。

ルーク・タニクリフのプロフィール
1982年イギリス生まれ。イギリス人の父とアメリカ人の母を持つ。13歳までイギリスで暮らし、その後アメリカのノースカロライナ州の高校に転校、イギリス英語とアメリカ英語の違いを経験。米ウェズリアン大学を卒業後、雑誌編集者/記者の仕事を経て、2005年、JETプログラムで来日。新潟の中学校で2年間英語教師をつとめ、その間に日本語を学ぶ。2008年に再来日。英会話講師とビジネス翻訳の仕事をしつつ、東京大学大学院にて翻訳論を学ぶ。2010年に開設したブログ「英語 with Luke」は、初心者から上級者までレベルを問わず楽しめる記事で人気を博し、月間150万PVを記録する人気サイトとなった。

最初の挨拶

日本語で電話をかけるときは、名乗る前に「お世話になっております」と言うことが多いですが、英語では「お世話になっております」や「お疲れさまです」などを意味する言葉は特に使いません。Hello.の後、自分の名前と会社名を伝えます。これは電話に出るときと同様で、This is + 名前 + 自分の会社名を使いましょう。

用件を伝える

How can I help you?と聞かれたら、名乗った後に用件を伝えましょう。I am calling about + 用件 . を使います。

取り次ぎを頼む

用件を頼む前に担当者につないでもらう場合もありますね。そのようなときは、Is + 名前 + there? という英語を使います。

より丁寧な英語が使いたい場合はMay I speak to + 名前 ? が良いでしょう。

担当者につないでもらう際、保留になることがあります。保留になる前に、前回紹介した、Could you please hold?と聞かれるはずです。その場合は、Of course. や Certainly. Yes. などと答えると良いでしょう。

話をしたい相手が不在の場合

話したい相手が不在の場合は、どのような英語が良いでしょうか?

Tell her to call me back. というフレーズをときどき聞きますが、少し失礼な印象を与えてしまうかもしれません。かけ直してもらいたいときは、質問の形を使うと丁寧です。

担当者に緊急の連絡をしたい場合、以下のフレーズが役立ちます。

メールを送ったことを伝える

相手とメールではうまくコミュニケーションがとれない場合や、メールの内容について話したい場合、電話でのコミュニケーションが必要です。

例えば、先週メールを送ったけれど返事がない場合。

この場合、ネイティブはfollow upという動詞もよく使います。follow upは引き続き調べるという意味ですが、follow up on my emailは「メールに続き、電話をする」という意味になります。

メールに関する伝言を残したい場合は、以下の英語が使えます。

最後に、よく電話をかける会社がある場合。同じ相手と何回も話すことがあったら、small talk(雑談)も取り入れると良いでしょう。

電話やメールでよくやりとりをする人だと、How are you? How are things going? 「元気ですか?」などと聞くと、丁寧な印象を与えます。また、It's good to hear from you. 「またあなたに連絡ができて嬉しいです。」という挨拶もおすすめです。