ひとこと英会話

メール編:「よろしくお願いします」の代わりに使えるフレーズ

「よろしくお願いします」は、会話だけでなくメールの結びにも使われる。英語でメールを送るときは、結びにどんなフレーズを使えばいいのだろう。

こんにちは、ルーク・タニクリフです。前回に引き続き、今回も「よろしくお願いします」の代わりに使えるフレーズについてお話しします。

前回は、出会った人と対面で挨拶をする際に使うケースについてお話ししました。今回は、応用編として、メールの結びに使うケースを見てみましょう。

まず、英語には「よろしくお願いします」のような、どんなメールにも使える便利なフレーズがありません。

また、日本語でメールを書くときは、相手が目上の人やお客様かどうかなど、主に相手との立場の違いをもとに適切な言葉を選びますね。しかし英語では、相手の名前を知っているかどうかや、親しさの度合いによって使うフレーズが変わります。

また、書き方は英語圏の国によっても少し違いがあるので、ここではイギリスとアメリカの2通りを見てみましょう。

ルーク・タニクリフのプロフィール
1982年イギリス生まれ。イギリス人の父とアメリカ人の母を持つ。13歳までイギリスで暮らし、その後アメリカのノースカロライナ州の高校に転校、イギリス英語とアメリカ英語の違いを経験。米ウェズリアン大学を卒業後、雑誌編集者/記者の仕事を経て、2005年、JETプログラムで来日。新潟の中学校で2年間英語教師をつとめ、その間に日本語を学ぶ。2008年に再来日。英会話講師とビジネス翻訳の仕事をしつつ、東京大学大学院にて翻訳論を学ぶ。2010年に開設したブログ「英語 with Luke」は、初心者から上級者までレベルを問わず楽しめる記事で人気を博し、月間150万PVを記録する人気サイトとなった。

相手の名前を知らない場合

メールを送る相手の名前を知らない場合、まず冒頭の挨拶には、Dear SirやDear Madamを使います。そして、結びの挨拶として、イギリスではYours faithfully、アメリカではYours trulyを使い、その下に自分の名前を入れます。日本語の「敬具」のような意味合いです。

イギリスでは

アメリカでは

相手の名前を知っている場合

メールを送る相手の名前を知っている場合は、冒頭挨拶としてDear Ms. Brownなどを使います。そして、結びの挨拶はイギリスではYours sincerely、アメリカではSincerely yours です。

イギリスでは

アメリカでは

結びの挨拶を書くときは、上記の例文のように頭文字は大文字、フレーズの最後にカンマを付け、その下に自分の名前を書きましょう。苗字まで書くと、より丁寧な印象になります。

相手のことをよく知っている場合

仲良くなった人には親しみのある結びの挨拶を使うと良いでしょう。例えば、best wishes、kind regards、best regardsがあります。これらは、フォーマルでもインフォーマルでも万能なフレーズで、アメリカでもイギリスでも、相手との立場の違いも気にせず、誰に対してでも使えます。

もっと気持ちを込めたいなら、all the bestやwarm regards が良いです。

インフォーマルなメールで、仲が良い同僚や友達に対して使うなら、以下のフレーズもおすすめです。相手と会う約束がなくても「またね」を意味するsee you や see you laterが使えます。ただし、海外に住んでいる相手など、会えない人には使えません。  

これから会う相手の場合

友達や同僚と会う約束をした場合はsee you soonと書きます。フォーマルな英語では、Best wishes,などの結びの挨拶の前に、I look forward to seeing you soon.をよく使います。

「いい一日を」を意味する便利な結びの挨拶

最後に、「いい一日を」を意味するフレーズを見てみましょう。同僚に対してよく使います。カンマではなく、感嘆符を付けます。例えば、Have a nice day! 「良い一日を!」、Have a good evening! 「良い夜を!」、Have a great Friday! 「良い金曜日を!」、 Enjoy the weekend!「良い週末を!」 などです。

英語で結びの挨拶を書くときには、相手の名前を知っているか、相手と会ったことがあるか、よく話す相手かなどを考えると良いでしょう。日本語と違い、上下関係や立場の違いよりも、自分が相手とどのぐらい仲が良いのかが一番重要なポイントです。