EVENTS INFO

変化の時代の経理を、実務目線で語り尽くす━━9月13日開催 「MF Expense expo 2019」

今年のコンセプトは「経理はニッポンの伸びしろだ。Change Readiness(変化に備える)」。ミスが許されない経理にとって「変革」は簡単ではない。だからまず準備からはじめよう、そんなメッセージだ。実務目線で経理の最新情報に触れられる、貴重なイベントが開催される。

「営業やマーケティングの部門では通常、『変わることはよいこと』とされています。ところが経理の場合、必ずしもそうではありません。間違いが許されない環境で、生産性を上げることよりも、安全で確実な業務プロセスが重視されてきたからです。しかしいま、働き方改革や人手不足を背景に、生産性を向上させることの重要度も高まっています」

だからこそ、経理担当者同士がつながり、生産性を高めるノウハウや知見をシェアできる場が必要なのです──クラウド経費本部 本部長、今井義人はそう述べる。

2019年9月13日、東京・丸の内のJPタワーで「MF Expense expo 2019 経理はニッポンの伸びしろだ。」が開催される。

「MF Expense expo 2019」は、マネーフォワードが提供するバックオフィス向け業務効率化ソリューション「マネーフォワード クラウドシリーズ」の1つである、経費精算システム「マネーフォワード クラウド経費」チームが主催するイベントだ。

昨年、「経理から始める働き方改革」をテーマに第1回を開催、数百名が参加した。今井はこう言う。

「規模を目的とはしていません。それよりも、参加してくださったみなさまにご満足いただけたのがうれしかったですね」

昨年は基調講演の他に八つのセッションを開催した。そのうちの一つに今井自身も登壇した。

「私が担当したセッションでは、『マネーフォワード クラウド経費』というサービスの全体像をお話しさせていただきながら、その場でご質問を受け付けていきました。ユーザーの方から『ここが使いづらい』というお声もいただきましたし、まだユーザーではない企業の方から『他社製品と比較してどうか』という率直なご質問をいただいたりもしました」

今井は「『私がお答えするとポジショントークになりますよ』と申し添えたのですけれど」と笑うが、その口ぶりからむしろフラットな質疑応答が行われたことがうかがえる。

前回の「MF Expense expo 2018」で今井が担当したセッションでは、質疑応答の台本を用意せず、参加者からその場で投げかけられた質問に対し、今井が答える形式で行った。

「参加者の方からは『この機会を生かそう』という熱意を感じましたし、本音のご質問にお答えするのは私自身にとっても刺激になりました。クラウド型経費精算システムのマーケットはまだまだ発展途上です。"最強のサービス"があるわけではありません。ですから、現時点の機能だけで選ぶと、かえって見誤ることがあるんです。いまの機能で何ができるかと、それ以上に、サービスを通じてどんな未来を描こうとしているかを伝えることが重要だと感じました」

第2回となる「MF Expense expo 2019」では、前回の手応えを生かした各種セッションを準備している。キャッチフレーズは「Change Readiness」。「変化に備える」という意味だ。

「先ほども申し上げたように、経理部門は安全性を担保しながら業務改善に取り組んでいかなければなりません。『とりあえず変えてみたのですが、失敗しました』とは言えないんです」

一方、会社全体が成長や変革を目指すなかで、経理だけがいままでと同じ業務フローでいるわけにはいかない。だからこそ「変化に備える」ための知識とマインドセットが大切なのだ。

「経理担当者は『ミスは許されない』というプレッシャーのなかで仕事をしています。一歩踏み出すための勇気が、他の職種よりも必要だと思うのです。その勇気を支えるのは、夢物語ではなく、地に足のついた議論だと思っています。」

基調講演には3者の登壇を予定している。

一人は、コーンフレークで有名な日本ケロッグ合同会社の人事総務IT部 部長門野 映子氏。日本法人設立以来、50年以上にわたり市場を牽引してきたが、2013年を契機に全社横断で働き方改革プロジェクトが立ち上がり、門野氏は様々な取り組みを推進してきた。

もう一人は、ラーメン山岡家を全国で150店舗以上展開する株式会社丸千代山岡家 人事総務部 システム課 課長の田中 陽里氏。飲食店の多店舗展開では管理業務をいかに効率化できるかが成功の鍵となるが、同社は経理部門と情報システム部門が密に連携し、ITを積極的に活用している。

そして最後の一人は、ブロックチェーン会計士からスタートアップベンチャーへ転身、管理部門の立ち上げを一手に引き受ける、キャディ株式会社 経営管理本部 柿澤 仁氏。

企画の意図を今井はこう語る。

「バックオフィスの業務改革にはさまざまな手段があります。ITやクラウドサービスの導入は手段の一つにすぎません。就業規則の変更や、オフィス移転などで解決を図る場合もあります。そして実際は、それらを一体のものとして取り組まれるお客様が多くいらっしゃいます。 基調講演は、経理に限らず、バックオフィス改革の全体像をお話しいただける方にお願いしたいと考え、門野さん、田中さん、柿澤さんにご登壇を依頼しました。管理部門の業務を様々な観点で考える場にすることを狙って、あえて業態や事業ステージがまったく異なる3社をお招きしたのです。当時の状況や課題感、葛藤など、ここでしか聞けない貴重なお話になるのではないかと思います」

例えばラーメン山岡家では、各店舗に置かれている複合機と「マネーフォワード クラウド経費」をAPIで接続し、生産性向上を図っている。近所のスーパーで買った食材の領収書を複合機でスキャンすれば、「マネーフォワード クラウド経費」へデータが自動で取り込まれ、本部の管理部門に電子レシートや支払情報、勘定科目といった情報が送られる仕組みだ。

「経理のみなさんにとって、経費精算を速く正確にデータ化する事は大きな関心事だと思います。山岡家さんがどのようにこのシステムを構築していったかというお話は、きっとご興味を持っていただけるのではないかと思います」

今回のイベントは、経理の実務目線に合わせたセッションを多数用意した。営業やマーケティングと違い、経理業務は気軽に「変える」ことがなかなかできない。だからこそ変わる前の「心の準備」をするための場にしたいという。

昨年に引き続き「働き方改革」も重要なテーマだ。今井は「『働き方改革』を契機として、さまざまな企業でバックオフィスの業務改善が経営課題に位置付けられるようになった」と言う。

「管理部門は事業部門と異なり、何か新しいことを始めるためのハードルが心理的にも予算的にも高い場合も多いので、以前から業務効率化を図りたいと考えていた人にとってはよいチャンスになっているのではないでしょうか。この流れはしばらく続くと思います。なかには、『うちは古い会社だから無理だろう』と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、『マネーフォワード クラウド経費』を導入してくださっているお客様は本当に様々です。ベンチャーだけではなく創業50年を超える会社もあり、業態も事業規模もバラバラ。従来の業務フローに捉われず、管理部門から会社をよくしていきたい、と強く願う方からご利用いただいているのだと思います」

「ただ、経理に関する情報は圧倒的に足りていない」と今井は言う。「他の会社はどうしているか」を知る機会も依然として少ないままだ。

「フリーランスの経理部長」として活躍する流創株式会社代表・前田康二郎氏には、昨年に引き続き今回も登壇を依頼しているが、その意図を今井はこう語る。

「昨年は管理部門の人事評価についてお話しいただきました。特に経理部門は、事業部門のようにわかりやすい数値目標を立てにくい。日々の業務も決算も、できて当たり前と思われていて、評価することが難しいんです。前田先生にそういうようなお話をしていただいたところ、どの企業の方も同じ悩みを抱えていたようで、人気の高いセッションの一つになりました。今年はさらに一歩踏み込んで、経理という仕事が本来持っているクリエイティビティーについてお話しいただく予定です」

営業は目標達成すれば褒められるが、経理はできて当たり前というイメージをもたれやすく、評価も難しい。こうした悩みや課題を参加者同士で共感できる場になるといいと今井は語る。

「請求書や領収書がなくなる? 帳簿の電子化、消費税インボイス制度の先にあるもの」というセッションにも注目だ。元国税庁勤務で帳簿書類電子化のコンサルティングを行う税理士の袖山喜久造氏が、政府の取り組みや消費税インボイス制度への電子化による対応等について登壇する。

その他に、コーポレートカード、スキャナーとOCRやRPAを連携した取り組みや、購買管理の効率化、なかなか運用をやめるのが難しい仮払金の代替施策等をテーマにしたセッションも予定している。今井はこう言う。

「経理担当者同士がつながる場所が必要だという思いは変わりません。『MF Expense expo』がその場所となれるように育てていきたいと思っています」

セッション終了後はカクテルパーティーが予定されている。参加費は無料。貴重なこの機会、ぜひ参加してみてはいかがだろうか。

MF Expense expo 2019

経理はニッポンの伸びしろだ。Change Readiness

開催日
2019年09月13日(金)
開催時間
【13:00~14:00 基調講演】
変革者たちに聞く、管理部門が進める業務改革とは?

<登壇者>
柿澤 仁氏
キャディ株式会社
経営管理本部 / 公認会計士

門野 映子氏
日本ケロッグ合同会社
人事総務IT部 部長

田中 陽里氏
株式会社丸千代山岡家
人事総務部 システム課 課長

瀧 俊雄氏
株式会社マネーフォワード
取締役 兼 Fintech 研究所長

【14:15~15:00 セッション】
・顧客ニーズから進化したコーポレートカード。何故、今企業は最大限に活用しようとするのか。

登壇者:坪井 淳一氏 
マスターカード・ジャパン株式会社
営業本部 マネージャー


・請求書、経費精算業務がここまで変わる!スキャナー+OCR+RPA連携

登壇者:キヤノン電子株式会社


【15:30~16:15 セッション】
・マネーフォワードが見据える、経費精算の新しいカタチ

登壇者:今井 義人
株式会社マネーフォワード
クラウド経費本部 本部長


・モノを買うところから始めるAmazonビジネスによる経費精算の効率化

登壇者:五十嵐 司氏
アマゾンジャパン合同会社
アマゾンビジネス事業本部
テリトリー営業部 営業5課 課長


【16:30~17:15 セッション】
・請求書や領収書がなくなる?帳簿の電子化、消費税インボイス制度の先にあるもの

登壇者:袖山 喜久造氏
SKJ総合税理士事務所
所長・税理士


・ついに仮払金がなくせる!事例から学ぶ、経費の不正防止と業務効率化を支援するソリューションとは?

登壇者:田中 靖剛氏
三井住友カード株式会社
法人ビジネス統括部 部長


【17:30~18:15 セッション】
・クリエイティブ経理

登壇者:前田 康二郎氏
流創株式会社
代表取締役


・10年後に生き残る経理/財務部門の姿とは

登壇者:佐野 哲哉氏
グローウィン・パートナーズ株式会社
代表取締役CEO


【18:30~19:30 カクテルパーティ】

開催場所
JPタワー
東京都千代田区丸の内2-7-2

ゲスト・プロフィール