ひとこと英会話

「よろしくお願いします」は英語でなんて言うの?

自己紹介をするときや何かをお願いするとき、メールの文末や別れ際など、様々な場面で使われる「よろしくお願いします」。英語で伝えるときは、どんなフレーズを使えばいいのだろう。

皆さんは、英語で自己紹介をするとき、My name is ... の後になんと言いますか? 

日本語では、自己紹介の後に「よろしくお願いします。」をつけますね。自己紹介から日常会話までのつなぎのようなものでしょうか。今回は、その「よろしくお願いします」と同じような意味を持つフレーズをご紹介します。

ただし「よろしくお願いします」は、何か頼みごとをする場面などでも使われますよね。日本語では、挨拶の後と頼みごとをするときとで同じ言葉を用いますが、英語にはこれに代わる定型句がないので、状況によってフレーズを使い分ける必要があります。

ルーク・タニクリフのプロフィール
1982年イギリス生まれ。イギリス人の父とアメリカ人の母を持つ。13歳までイギリスで暮らし、その後アメリカのノースカロライナ州の高校に転校、イギリス英語とアメリカ英語の違いを経験。米ウェズリアン大学を卒業後、雑誌編集者/記者の仕事を経て、2005年、JETプログラムで来日。新潟の中学校で2年間英語教師をつとめ、その間に日本語を学ぶ。2008年に再来日。英会話講師とビジネス翻訳の仕事をしつつ、東京大学大学院にて翻訳論を学ぶ。2010年に開設したブログ「英語 with Luke」は、初心者から上級者までレベルを問わず楽しめる記事で人気を博し、月間150万PVを記録する人気サイトとなった。

自己紹介で使う場合

「よろしくお願いします」を表すフレーズでよく知られているのは、It's nice to meet you. ですね。例えば、

ネイティブはit's を省いて、Nice to meet you.と言います。

より温かい印象を与えたい場合は「会えて喜んでいる」を意味するIt's a pleasure to meet you.が良いと思います。It's great to meet you. も使いますが、少々くだけた英語なので、フォーマルなビジネスミーティングでは避けた方が良いかもしれません。

ingをつけても使えます。to動詞を使うよりも少し柔らかい印象です。

ちなみに、niceとgreatは形容詞ですが、pleasureは名詞ですので、pleasureを使うときは不定冠詞のaを忘れないでください。

相手が言った「よろしくお願いします」に対して応える場合は、上記のフレーズにtoo をつけます。

頼みごとをする場合

何か頼みごとをするときにも日本語では「よろしくお願いします」を使いますね。和英辞書で「よろしくお願いします」を調べると「あなたにこれを任せるよ。」を意味するPlease take care of it.というフレーズが出てきました。しかし、このフレーズは少し偉そうな印象を与えるので、上司や同僚に対しては使わない方が良いと思います。

お願いをするときは、would you mindというフレーズが丁寧で無難です。

would you mindを使うときは「would you mind + ing動詞 + お願いする内容」という順です。

相手が部下の場合は、I would like you to...を使うとフレーズが良いでしょう。

こちらも丁寧な言い方ですが、質問形ではないので、would you mindのフレーズに比べると、少しだけ断りにくい印象を与えます。

同じような意味ですが、お願いするのではなく、勧めるような言い方もできます。その場合はit would be bestが良いですね。

このフレーズは 「I think it + would be best + if + お願いすること」という形で使います。I think を省いて、It would be bestから言うとより強い印象を与えます。

英語で何かをお願いするときも、日本語と同じように自分と相手との関係性を考えると良いですね。

「よろしくお願いします」は、他にも別れ際の挨拶やメールの文末など、さまざまな場面で使われます。これらを英語で表現する場合もまたいろいろなパターンがあるので、次回以降で改めてご紹介したいと思っています。