ひとこと英会話

英語でも「お世話になります」って言うの?

メールでも社外の人への挨拶でも、必ずと言っていいほど使う「お世話になります」というフレーズ。英語にも、こうした定型の言葉はあるのだろうか。

こんにちは、ルーク・タニクリフです。私は日本に引っ越してはじめて、日本語では人の名前に「さん」をつけることを知りました。しかし会社に勤めてみると、社外の人に自社の人のことを話すときは、上司であっても「さん」をつけないということを教わり、違和感を感じたのを覚えています。

英語では、このように社内と社外で言葉を使いわけることは、あまりありません。ですから、皆さんがビジネスで英語を使うときは、私が日本に来たときに感じたのとは逆の違和感を感じるかもしれませんね。

今回テーマに取り上げたいのは「お世話になります」というフレーズです。メールを送るときや社外の人に会うときに使いますね。でも英語にはこのような社外の人に向けた定型句がありません。代わりにどんなフレーズを使えば良いのでしょうか。さっそく見てみましょう。

ルーク・タニクリフのプロフィール
1982年イギリス生まれ。イギリス人の父とアメリカ人の母を持つ。13歳までイギリスで暮らし、その後アメリカのノースカロライナ州の高校に転校、イギリス英語とアメリカ英語の違いを経験。米ウェズリアン大学を卒業後、雑誌編集者/記者の仕事を経て、2005年、JETプログラムで来日。新潟の中学校で2年間英語教師をつとめ、その間に日本語を学ぶ。2008年に再来日。英会話講師とビジネス翻訳の仕事をしつつ、東京大学大学院にて翻訳論を学ぶ。2010年に開設したブログ「英語 with Luke」は、初心者から上級者までレベルを問わず楽しめる記事で人気を博し、月間150万PVを記録する人気サイトとなった。

メールの最初に使うフレーズ

クライアントや社外の人と連絡を取るとき、日本語なら相手の名前の後に「お世話になります」と書きますよね。

それをそのまま英語で表現しようとすると、Thank you for your patronage. や Thank you for your continued support.などになります。直訳するとpatronageは「愛顧」、continued supportは「継続的な支援」という意味合いです。

しかし、メールでこれらのフレーズを使うネイティブはほとんどいません。通常はDear Sirや、Dear Ms. Brownからはじまり、その後すぐに用件を書きます。

ただし、書き出しで感謝の気持ちをひとこと伝えたいときや、よりフレンドリーなコミュニケーションを取りたいこともありますね。その場合は、以下のフレーズを入れてみましょう。

例えば、最近会ったお客さまの場合は、

自社の最新の商品に興味を示してくれたお客さまの場合なら、

よりフレンドリーなメールを書きたいときは、

相手への配慮を述べるときはフォーマルな英語が良いでしょう。

会って最初に言うフレーズ

すでに面識のあるクライアントや社外のスタッフと会うときにも「お世話になっています」を使いますね。英語ではその代わりに、お客さまの機嫌や相手の会社の調子を伺うフレーズをよく聞きます。

ここでは、what's upなどのインフォーマルな英語は避けましょう。

特に良い印象を与えたいなら、It's a pleasureで始まる文が良いです。

また、これから一緒にお仕事をする相手に伝える場合は、look forward toを使うと便利です。

お世話になった人へ感謝を伝えるときは?

挨拶に限らず、いままでお世話になった人に感謝の気持ちを伝えたいときはenjoyed working with youというフレーズが良いです。

よりインフォーマルな英語を使いたい場合はgreatが良いですね。

手伝ってくれた人に感謝の気持ちを述べるなら、

感謝の気持ちをさらに強く伝えたいなら、appreciateが役に立ちます。