出会いを変える手みやげ

ゆるやかに移りゆく五つの季節を感じる「発酵さしすせそ羊羹 五季(いつき)」

今回紹介する手みやげは、松屋銀座で見つけた「五穀屋」の羊羹。発酵の知恵と季節の彩りが詰まった和菓子のお店だ。一つひとつのお菓子に、日本の文化になぞらえた意味が添えられている。訪問が、季節や文化を感じる豊かな時間になるだろう。

今日は、昔お世話になった人に会いに行く。ひと回り上の大先輩。しばらく会っていなかったけれど、この前Eightで名刺更新のお知らせがきて、職場が変わったことを知った。

キャリアアップのお祝いをしたいし、久しぶりに話もしたい。再会が、また一緒に面白い仕事をする機会になるかもしれない。

お世話になっていたときからずいぶん経ったなと、あの頃を思い出しながら、手みやげを買いに銀座へ。

今回は、「五穀屋」の「発酵さしすせそ羊羹 五季(いつき)」に決めている。一箱の中で移りゆく季節を表している和菓子だ。きっと過ぎた季節を懐かしみながら楽しく話ができると思う。

木の蓋がついた箱は、シンプルで上品だ。箱の側面は一筆でぼかしやにじみの濃淡を描き、時間や季節の経過を表す「一文字ぼかし」という手法で彩られている。

「五穀屋」は、浜松で生まれた和菓子専門店で、松屋銀座と浜松にあるスイーツのテーマパークnicoeに店舗を構える。

「発酵さしすせそ羊羹 五季(いつき)」は、色のついたガラス玉みたいな、きれいなまん丸の羊羹。箱を開けた瞬間は、まさかこれが羊羹だとは誰も思わないだろう。

その名のとおり、発酵のさしすせそ(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で五つの彩りと日本の五季を表している。

味は定番の5種と、季節限定の1種、そして松屋銀座店の限定「銀座はちみつ」がある。味で決めるのもよし、見た目の鮮やかさで決めるのもよし。

手前から「醤油糀」「白味噌」「りんご酢」「抹茶塩糀」「酒」。

楊枝でプッと突くと袋が破け、ほんのり甘い季節の香りとともにぷるんとしたきれいな羊羹が現れる。

ちなみに五季とは、四季の他にもうひとつ五つ目の季節があるという考え方だ。「立夏・立秋・立冬・立春」の直前の約18日間ずつ、つまり四つの季節の合間を縫う時季のことを「土用」と呼ぶ。その「土用」が五つ目の季節だ。

(前略)
四つの季節の
合間を縫う季節を
「土用」と呼びます。
土用があけると
新しい季節の
はじまりです。

五穀屋 HPより

日本の季節は少しずつ緩やかに移ろいゆくもの。「発酵さしすせそ羊羹 五季」は、季節の彩りとともに、時の流れを感じせる、そんな一品だ。

(中略)
言葉にならない
はっきりしない
曖昧な領域は
日本文化になくてはならない
大切な芯

そんな要を
五穀屋は
五季の色で
あらわします

五穀屋 HPより

久しぶりに会う、大切な人。手土産を渡すときは、日本の文化になぞらえた意味も一緒に伝えたい。オフィスを訪問する短い時間が彩られて、なんとなく豊かな気持ちになれる。

忙しい人だから頻繁には会えないけれど、これから「土用」がやってくるたびに思い出してくれるかもしれないと、少しだけ期待も込めた。