ひとこと英会話

3つの場面で使い分けたい「お疲れさま」のフレーズ

簡単な挨拶にもなる「お疲れさま」は、日本語ならいつ使っても不自然ではない。しかし英語で伝える場合は、3つの場面でフレーズを使い分けた方が良いという。

こんにちは、ルーク・タニクリフです。先月から始まった「ひとこと英会話」、2回目は「お疲れさま」のフレーズを紹介します。

ルーク・タニクリフのプロフィール
1982年イギリス生まれ。イギリス人の父とアメリカ人の母を持つ。13歳までイギリスで暮らし、その後アメリカのノースカロライナ州の高校に転校、イギリス英語とアメリカ英語の違いを経験。米ウェズリアン大学を卒業後、雑誌編集者/記者の仕事を経て、2005年、JETプログラムで来日。新潟の中学校で2年間英語教師をつとめ、その間に日本語を学ぶ。2008年に再来日。英会話講師とビジネス翻訳の仕事をしつつ、東京大学大学院にて翻訳論を学ぶ。2010年に開設したブログ「英語 with Luke」は、初心者から上級者までレベルを問わず楽しめる記事で人気を博し、月間150万PVを記録する人気サイトとなった。

日本の企業では、「お疲れさま」という言葉を頻繁に使いますね。私も以前、日本の企業で働いていたことがあるのですが、しょっちゅう耳にしていたと思います。

その当時の私は勉強不足で、「お疲れさま」よりも「ご苦労さま」の方が丁寧な言葉だと思っていました。「ご苦労さま」は、「あなたは疲れているだけではなく、苦労するほど頑張っていたね」という意味を含むように感じていたからです。だから目上の人に対して「ご苦労さまです」と言って、注意されたのを覚えています。

英語にも「お疲れさま」という気持ちを伝えるとき、少し気をつけたいことがあります。

1.挨拶のお疲れさま

英語で「お疲れさま」と伝えるとき、日本語のように、ひとつのフレーズをいつでも誰にでも使えるわけではありません。「お疲れさま」にどんな意味を含むのかによって、フレーズを使い分ける必要があります。

大きく分けると、1.挨拶する 2.労う 3.褒めるの3つ。まずは、挨拶の代わりに使うものから見てみましょう。

同僚への挨拶で「お疲れさま」と声をかけるときは、時間を考えないといけません。

朝ならGood morning.やMorning.が良いでしょう。Morning.のほうが、くだけた印象です。

退社する時はHave a good day. ネイティブの人だとHave a good one.と、インフォーマルな英語を使うケースも多く見られます。

a good oneは「いい一日を」というニュアンスがあります。「いい夜を」を意味するHave a good evening. や 「また明日」を意味するSee you tomorrow.もよく耳にします。

2.感謝を示すお疲れさま

You must be tired.というフレーズをよく聞くのですが、このフレーズは避けた方がよいと思います。言われた相手が「私は疲れているように見えるのだろうか」と感じる可能性があるからです。自分の顔色が悪い、クマがあるのではないか、と悩んでしまうかもしれません。

また、Thank you for your hard work.と言う方もいます。

これは間違ってはいませんが、少しかたい印象です。おすすめなのは、もっと自然な印象を与える以下のフレーズ。

you've put inは「わざわざ努力してくれた」というようなニュアンスを含むので、より感情が伝わります。

他にも、「助かったよ」と表現したい場合はThat was really helpful.やThat was a big help.というフレーズが良いです。

3.褒めているときのお疲れさま

最後に、相手が良い仕事をして、褒めたいときの「お疲れさま」。

簡単な英語だとGreat job! Nice job! Well done! で良いと思います。

もう少し感情を込めた英語にしたい場合は、より長い文章が良いですね。

何がよかったかを特定したい場合「That was an excellent + よくできた仕事」というパターンが使えます。

ちなみに、私は最近「おっつ」という少し古い日本語が気に入っています。残念ながら、これを職場で使うと、おかしな印象を与えてしまうかもしれませんが。

Howdy!
おっつ!